ストローマン社製インプラント世界70カ国以上で使用されているインプラント

新柴又たきぐちファミリー歯科 ストローマン社製インプラント

新柴又たきぐちファミリー歯科が導入しているインプラントは世界No.1シェアを誇り、70か国以上で使用されているストローマン社製のインプラントです。
ストローマン社はスイスのバーゼルを本拠地とし、インプラント歯科学、修復歯科学、口腔組織再生の領域のグローバルリーダーです。

世界で1,400万本以上のストローマンインプラントが患者さんの治療に使用されています。ストローマン製品の高い品質と信頼性は、長期治療成績によって裏付けられており、世界で信頼されるインプラントブランドです。

身体に適合する純チタン製

新柴又たきぐちファミリー歯科 インプラント

ストローマン社のインプラントは異種金属0%の純チタン製であり、人の骨との結合性に優れ、人体に優しいインプラントシステムです。
当院ではインプラント治療を受けていただいた患者さまに、しっかりと長きに渡りご使用いただけるよう治療からその後のメインテナンスも大切に考えます。

インプラントは適切なセルフケアと定期的なメインテナンスを行うことで長期に使用が可能になります。
しかしながら、口腔内の環境を適切に保たなければインプラント歯周炎などのリスクも生じます。患者さまに安心して頂けるよう、カウンセリング時からしっかりと分かりやすい説明でご案内させて頂きます。

インプラント治療とは

インプラント治療 新柴又たきぐちファミリー歯科

インプラント治療とは、歯を失った場所にネジのような人工歯根(歯科インプラント)を埋入し、その上に人口歯(被せ物の歯)を装着させ、失った歯を補う治療です。インプラント治療は保険適用外の自由診療(自費の治療)になります。

インプラント治療を考えるタイミング

インプラント治療は歯を失った部位に対して行う治療ですが、抜歯が必要な部位に対して抜歯後にも行うことが可能です。一般的にインプラント治療をお考えになられるタイミングとして多いのは、

・虫歯や歯周病で歯を失った場合
・入れ歯をやめたいと思った時
・歯根破折や事故で歯を失ってしまった場合

などが挙げられます。
患者さまの状況や希望に合わせてご説明をさせて頂きますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

インプラント治療のリスクファクターインプラント治療が出来ない場合

1.歯周病など、口腔内環境を治療が必要な状態の方

歯周病菌はインプラント周囲炎の原因となるリスクが高まります。もちろん、歯周病を治療することでインプラント治療が可能になり定期検診と日々のセルフメインテナンスによって長期的に使用・維持が出来ることも臨床研究で証明されております。

2.糖尿病で血糖値がコントロールされていない状態の方

インプラントは歯茎に埋入するネジの部分が骨と結合させることが最も重要な治療になります。血糖値がコントロールされていれば非糖尿病患者と同等である臨床研究も報告されております。
当院では、患者さまの健康状態をしっかりとヒアリングした上でご説明、ご提案させて頂きますので基礎疾患や糖尿病をお持ちの方もまずはご相談ください。
※インプラント治療は全ての方に適用できるとは限りません。ご了承下さいませ。

3.成長期の方

顎の骨が成長している状態でインプラント治療を行うと顎の成長が妨げられる場合があります。インプラント治療は通常20歳以上を目安に行います。

4.外科的手術が出来ない方

・妊婦の方
・免疫機能が著しく低下されている方
・6か月以内に心筋梗塞のが既往がある場合

などでは、外科的治療が行えない為、見送らせて頂く必要があります。

その他、患者さまに合わせたご説明を致しますのでインプラント治療に興味やご要望がある場合にはお気軽にお問い合わせ下さい。

TOP

WEB予約

新患用URL

初めての方はこちら

再来用URL

再来院の方はこちら