歯医者が教える
「うがい薬」について

うがい薬はどれがいい?新柴又たきぐちファミリー歯科

新柴又たきぐちファミリー歯科の院長、瀧口です。

みなさんは歯科では洗口液と呼ばれ、一般的にはマウスウォッシュと呼ばれている『うがい薬』はお使いですか?
現在、市場にはさまざまな種類のマウスウォッシュが販売されています。

以前は歯磨き後の補助として考えられていましたが、最近はインフルエンザウィルスやコロナウィルスに効果があると言われるものも出てきています。

それではこのマウスウォッシュ、いつどのタイミングで使用することが良いのでしょうか。

うがい薬を歯磨きの代用にしてはダメ!

勘違いして頂きたくないのは、あくまでうがい薬のため歯磨きの代わりにはなりません。うがいで歯の汚れ(ブラーク)や歯石の除去はできないんです。

一番効果的なタイミングは、歯ブラシを行った後です。
ブラッシングでお口の中の汚れを落とし、マウスウォッシュで清潔に保ちます。
成分としては、殺菌成分、抗炎症成分(歯茎の腫れを防ぐ)、出血予防成分(歯茎からの出血を防ぐ)などがあります。これらの成分により、虫歯菌の減少、歯周病予防、口臭の軽減などが期待できます。

意外に知らない効果的な使い方

また、この使用方法にもコツがあります。
お口に含んですぐに吐きださず、20〜30秒うがいをした後に吐き出します。
これにより薬効成分が浸透して効果が持続しやすくなります。
使用後はなるべく飲食は控えましょう。
飲んだり食べたりすると成分が流れ出てしまします。
ですので一番効果的なのは、夜寝る前、歯磨きの後ということです。

寝ている間は唾液による自浄作用(食べカスを洗い流す作用)が減少します。
そのため虫歯や歯周病のリスクが高くなるのですが、薬効成分がサポートしてくれます。

コロナ禍においては感染症対策としてもオススメです。
お家に帰って手洗いうがいの時には殺菌成分を含んだマウスウォッシュを使用しましょう。

当院ではモンダミンハビットプロをオススメしております。
詳しくは当院スタッフまでお尋ね下さい。

モンダミンハビットプロ

モンダミンハビットプロ

・歯科医院専売の洗口液。
・3つの薬用成分で歯ぐきを守る。口臭を防ぐ。
「CPC」殺菌成分。原因菌を殺菌し、歯垢の付着を防ぐ。
「GK2」抗炎症成分。歯ぐきのハレと炎症を防ぐ。
「TXA」出血予防成分。歯肉炎による歯ぐきからの出血を防ぐ。
・希釈の必要が無く、安定した効果効能が望めます。
・ノンアルコール処方でピリピリせずに、スッキリ爽快。
・メーカー:アース製薬
・カテゴリ:洗口液(医薬部外品)/口腔ケア用品
※2020年6月1日「モンダミンプロケアα」よりブランド名を変更致しました。規格及び成分に変更はありません。


次の記事・前の記事

TOP

WEB予約

新患用URL

初めての方はこちら

再来用URL

再来院の方はこちら