歯科で行うカウンセリングの意味

カウンセリングの意味とは
治療の流れ 新柴又たきぐちファミリー歯科

カウンセリングとは、悩みを訴える人の相談に応じ、助言や指導をすることを言います。
歯科で例えるなら、患者さんの訴えに対して歯科医師や歯科衛生士がアドバイスをすることです。

当院のカウンセリングとは

 

当院、新柴又たきぐちファミリー歯科ではこのカウンセリングを通し、患者様がどのようなお悩みを持ち、どのようなご希望で、どのくらいの期間をかけ、
どのくらいの費用で治療を行いたいかを選んで頂くために時間をお取りしております。

今の状態がどうなのか、なぜ今の状態になったのか、これからどのような治療で治していくのか、そしてその後はどのように管理していけば良いのかをお話しし、ご提案させて頂きます。

私たちはその場しのぎの治療は行いません。患者さんの現在の状況を十分に把握・説明し、これからどのように治療を行い、その状態をいかに長く保つことができるかを考えながら治療の計画を立てていきます。

そのためには患者様自らお伝え頂く情報がとても重要となります。
従来の歯科医院では治療用のイスにお座り頂いた状態でこのような話をされていることがほとんどでした。
しかし、患者様からすると緊張し、話しづらく、時間も短いため十分な意思疎通ができませんでした。

患者様自身がリラックスし、話しやすい環境で、なるべくフレンドリーな雰囲気の中ご相談できるように、
私たちはカウンセリングルーム活用しています。

ファーストカウンセリング

初診時に、当院ではカウンセリングルームにて初診時に十分な時間を設け、患者様から様々なお話をお聞きしております。

・一番のお悩み
・過去に歯科医院でされ嫌に感じたこと
・気をつけて欲しいこと
・期待していること、お願いしたいこと
・不安なこと、恐怖に感じること
・自覚症状、生活習慣

治療をするにあたり、まず何よりも患者様個人個人がお持ちの様々な状況、環境、希望をお聞きし、それに合わせた医療をご提供できるよう十分のコミュニケーションを取らせて頂いております。

セカンドカウンセリング

 

初診時に患者様のお口の中の状態の資料取り(レントゲン、お口のカラー写真、歯周病検査など)をさせて頂きます。
この2度目のカウンセリングではこの資料でお口の中のご説明をしていきます。
患者様のお口の中は十人十色です。年齢、性別、骨格、噛み合わせ、歯並び・・・
誰一人として同じ環境の方はいらっしゃいません。
また、治療に対して希望される内容もその方々ごとに異なってきます。

まずは資料を元に現在の状態を事細かくご説明して参ります。
資料は私たちが使う専門的な図式だけではなく、患者様にもご理解頂けるよう分かりやすい絵や図も多用しております。
個人情報保護の観点からも他の患者様やスタッフがいる中で聞かれたくないお話をされるのは苦痛かと思います。
カウンセリングルームは個室となっているため、スタッフと一対一でお話しすることで普段であれば聞いて良いのか迷ってしまうほど小さな内容のお話から、私たち歯科医師・歯科衛生士の治療に対する考えをお伝えできるスペースとして活用しています。
また説明に用いた資料は当院オリジナルの冊子として作成しており、全ての患者様にお渡し・お持ち帰り頂けます。
お家で内容を再確認したり、ご家族に現在のご自身の状態を説明したりと、様々な方法でご活用下さい。

 

予防処置・メインテナンス

虫歯治療、歯周病治療が終わりましたら、初診時のお口の中と治療後のお口の中を写真で比較頂きます。
患者様が鏡を見ながらお口の中を確認するには角度や大きさに制限が出てきてしまいます。
この写真を見て頂くことで、お口の中の環境がどれだけ改善したかを分かりやすくご説明していきます。


TOP

WEB予約

新患用URL

初めての方はこちら

再来用URL

再来院の方はこちら